英国紳士嬢

パイロットになれない

GLAYの野外ライブ行ってきた

GLAYのメンバーが育った街、函館での初の凱旋野外ライブ"GLAY Special Live 2013 GLORIOUS MILLIUON DOLLAR NIGHT Vol.1"が7月27日、28日の両日函館市の緑の島で行われた。
って書けばそれっぽいでしょ。
結構有名人も来てたらしい。
f:id:a_halka:20130730220641j:plain
f:id:a_halka:20130730220630j:plain
27日は予定が入っていたので行けずに28日のチケットがないかなーと思ってTwitterで検索したら一番後ろのブロックだけど1枚あるというポストを発見したので連絡して、当日の開演前に函館駅で受け渡しでゲット。(この件は別エントリーでテクニックを上げる予定)
雨が降ってる中で最高のライブだった。
TERUの40過ぎてるのにあの声量とテクニックはすごい。
オープニングの映像で函館賛歌(ミクさんバージョン)からの一曲目にHOWEVERとかヤバい。
Winter, againの歌詞の雪を雨に変えるアドリブ。
HISASHIのギターソロタイムで雨が強くなる。HISASHIは雨男。
Eternallyで一旦終わり
アンコールはインディーズの頃の曲と激しい曲を4曲。
セットリストをライブ終了後に紙を配ってWeb上でアンケートに答えるのと引き換えに公開するのはいいアイディアだと思った。あと待ち受け画像もダウンロード出来た。
アクセスキーみたいなものを入力するのでセトリと待ち受け画像のダウンロードは一回だけ。
4年後にVol.2やるんだって。また行きたい。今度はちゃんとアルバムとか全部聞いていく。
m-flo聞きながら函館駅から緑の島まで20分か30分歩いたけど。

あと、GLAYファンのマナーと人柄の良さヤバい。ポイ捨てしないどころかゴミが落ちてたら拾っていくし、入場が1時間遅れたけど隣に並んでたおばちゃんたちと普通に話してた。
ホテルが取れなくて困っていたファンがその場で会ったファンがツインを取っていたので一緒に寝ますかとかGLAYファン同士の助け合いが結構あったみたい。

スタッフをやっていた知人曰く、他のアーティスト(誰とは書かない)のファンはファン同士で喧嘩になるし、質問して答えたスタッフにありがとうの一言も言わないらしい。
スタッフもテキパキしててよかった。スタッフの皆さんありがとうございました。

ライブの物販であんなに物買う理由が分からないなーと思ってたけど気づいたら限定バッグ2つとTシャツ買って8,200円使ってた。

ただ、函館市の経済効果を見ると思ったよりなくて微妙だったらしい。(商店街でイベントやるにもやれなかったとか)
ちなみにライブには6億円かかって、函館市とGLAYの事務所が半分ずつ出したらしい。
あと、ホテルは大手の旅行代理店が1年前からツアー用とかに大量におさえて満室で一般のお客様の予約を断っていたホテルがあったらしいけどいざ当日になるとそれらがキャンセルされて微妙に空室があったらしい。

これで緑の島で1日で2.5万人くらい動員してもイケるライブができる実績ができたのでYUKIとか凱旋野外ライブやらないかなー。(HAKODATE 黒船ってのもあるけど。http://www.kurofune-h.com/

学んだこと:野外ライブは雨が降る、降らないに限らず大量の飲み物とレインコートは必ず持っていく、タオルは高いけど物販で買ったほうが記念になる。