英国紳士嬢

パイロットになれない

取材を受ける時にしたいこと

知り合いが近々新聞取材を受けるとのことで書いてみます。
取材する側の経験と北海道新聞社様へ伺った時に訊いた話をベースに書きます。
テレビとかラジオにも使えると思うので適宜読み替えて下さい。

会社の論調を知る

報道各社の論調は違っているものですし、特に地方局や地方紙の場合はそのエリアの論調が大きく論調に影響します。
農業王国である北海道が購読エリアである北海道新聞はTPPへの加盟に参加に反対の論調をとっており、その地域の特性を知ることができます。
(旅先で地方紙を読んでみると面白い)
また、デスクや編集長、重役の考え方も大きく論調に影響します。
取材を受ける前には必ずその会社の新聞を読むことでどのような論調であるのかを知り、どのような論調で書きたいのかを確かめておくと良いでしょう。場合によっては取材を拒否することも可能になります。

記者の知識を確かめる

取材したい内容に関して記者がどの程度調べてきているかを取材の最初に訊くことで細かい説明を省略する事ができたり、あやふやな場合はきちんと説明することで間違った記事が掲載されることを防ぐことができます。

どのような記事にしたいのか訊いてみる

ある程度をどのような記事にするかを考えてから取材に来るはずで記者からの質問がある程度固まっているはずですし、取材を受ける側もどのように答えれば良いかを考えることが出来ます。
取材を受ける側としても想定される質問への答えもしくはキーワードリストを用意しておくとスムーズに進みます。

質問の意図を確かめる

曖昧な質問をして来た場合、そのまま答えてしまうと間違った事実が記事に書かれる可能性があります。
曖昧な質問には真意を聞き出す作業が必要になります。

絶対に書いて欲しいことは簡潔に

紙面レイアウトの都合で原稿の文字数が変化することが多々あります。
その変化に対応するためには書くことと書かないことを分ける必要がありますが、ここで取材される側が重要だと考える部分が書かれなければ記事の意味がかなり変わってきます。
絶対に書いて欲しいことは一字一句取材メモに書いてもらい、そのまま原稿にも書いてもらうレベルで簡潔に述べると良いです。
また、書いて欲しくないことは基本的に言わない方が良いでしょう。
しっかりオフレコで~と言ったところで紙面に掲載されずともそのお話は必ずどこかで漏れます。(居酒屋や喫煙所での情報漏洩なんかが怖いところです。)

原稿は必ずチェックさせてもらう

紙面に掲載されてから記者と取材を受けた側の認識や意図の違いからトラブルになることがあります。
そのようなことがないように原稿が完成したタイミングで原稿のチェックさせてもらい、間違いがあれば訂正してもらうことでトラブルを回避しましょう。

担当記者の過去の記事も読んでみる

署名記事の場合、担当記者がどの程度のスキルや考え方、モノの捉え方が分かるので取材当日の進め方を考えることができます。(時系列順に記事を読んでいくと記者の成長やモノの捉え方の変化がが分かったりします。)

落ち着く

ゆっくり聞き取りやすく話すことはもちろん、間違った説明や返答をしないように落ち着きましょう。
簡潔な答えをズバッと伝えるためにも重要なことです。

録音する

記者が取材を録音することが多いですが、こちらでも録音しておくと間違いを指摘するときに便利です。

結論

取材される側も記者や会社を調べて準備しておくと取材対応が変わってきます。
ちなみにレイアウトの枠に文字ががぴったり収まっている新聞が好きです。(ここは編集の技量であって、某地方紙の空白が目立つレイアウトがどうも苦手。)

関連ページ